臨床心理士による心理カウンセリング

臨床心理士があなたのこころの健康と社会適応の維持向上をお手伝いします

高幡心理相談所電話番号高幡心理相談所*問い合わせ

高幡心理相談でお引き受けできるご相談内容はじめに

高幡心理相談所は、ご相談者さまの「well-being(よりよい生)の実現」をよりよく励まし下支えしたい、そして、様々な困難や課題を抱えながら社会のなかで生きる方々の止まり木になりたい、そう願っています。

  • ご来談者さまの状態や国籍、性別、年齢、職業などを理由として、心理相談のご要望を辞退することはありません
  • もしご来談者さまの総合的な利益を考えたときに医療や福祉の方がよりよく力になれるだろうと判断された場合には、その根拠と理由を開示してご納得いただけるように努力するとともに、次に起していただけるだろう具体的行動のご提案や情報提供を行います
  • 精神科的診断や福祉的サービスの申請を目的とした、心理検査、知能検査、発達検査の実施、解釈、助言、文書の作成についてはお引き受けしないことにしています
  • 検査結果や与えられた診断についてどう理解したらよいか、それらをよりよい社会生活の実現にどう活かしていけるのか、などについてであれば、ご要望にお応えしていけるだろうと考えています

※日野市立子ども家庭支援センターによる援助・支援と併用することはできません

高幡心理相談所のカウンセリングは個人面接や家族療法など個人/家族カウンセリング

個人/家族カウンセリングは、スタッフとの対面による心理相談のことを指します

  • ストレス性の心身不調や気分の落ち込みについて
  • やっかいに思っている自分自身の性格や行動について
  • コミュニティ(学校や職場など)での不適応や意欲減退について
  • 友人、家族、同僚、上司との不和や対人関係上の苦悩について
  • 介護や闘病、死別、離別に伴う心のいたみについて
  • 性別違和や性的指向に関する悩みについて
  • ご家族やお子さん、親御さんの心身不調などとのかかわりについて
  • その他、心理社会的困難、苦悩、精神障害に関するご相談について

教育相談やケースワーカーなどの対人援助職者へのコンサルテーションコンサルテーション

コンサルテーションは、職務上の困難について心理学的観点から打開策を模索する、対人援助職従事者の方向けの相談形態です

  • 学校や学級の運営やかかわりに苦慮している子ども・保護者への指導/援助について
  • 職場における部下(特にうつやがんからの復職)とのかかわりについて
  • 心身不調や精神障害を伴う通院/入院患者さまとの意思疎通や合理的配慮について
  • 参加している団体や自助グループの会員との適切なかかわりについて
  • その他職務上で必要となる心理的配慮や合理的配慮の考え方について

心理臨床家向けのスーパーヴィジョンスーパーヴィジョン

スーパーヴィジョンは、心理臨床家として対人援助を担う立場で働いている者方が対応事例のふりかえりや技能向上を目的に受ける、研鑽活動形態の一つです

高幡心理相談所では、臨床心理士をはじめとした心理臨床家の技能向上の一翼を担うことでより多くの人々の間接的利益に貢献したいという思いから、スーパーヴィジョン機会の拡充に取り組んでいます。

 

心理臨床家に該当しない方への助言的かかわりなどは、「個人/家族カウンセリング」あるいは「コンサルテーション」の区分にてお引き受けしています。

 

詳細はスーパーヴィジョンの専用ページにてご確認ください