臨床心理士による心理カウンセリング

臨床心理士があなたのこころの健康と社会適応の維持向上をお手伝いします

高幡心理相談所電話番号高幡心理相談所*問い合わせ

 「性別違和/性同一性障害及びセクシャルマイノリティ支援事業」 では、ひとりでも多くの支援を必要とする方に相談機会を提供するため、賛同団体/提携団体を募っています。
賛同団体/提携団体の制度は、営利を目的としない本事業の継続性確保と広告費節減のために設けているため、その性格上、賛同・提携団体にお願いするご負担はほとんどありません。
 セクシャルマイノリティ支援に関する非営利活動などを行っている団体(任意団体や非営利事業を行っている社団法人なども可)で、本事業における賛同や提携を前向きにご検討いただけるご団体がありましたら、制度内容をよくご確認の上、ページ下部にあるフォームよりご連絡ください。

 

 

東京都日野市高幡不動で性別違和や性同一性障害に関する心理相談やカウンセリングに応じています 性別違和/性同一性障害及びセクシャルマイノリティ支援事業とは

 性別違和/性同一性障害及びセクシャルマイノリティ当事者、そのご家族やご友人などに限定して、臨床心理士による専門的な心理相談を安価に提供する社会貢献事業です。相談を引き受けるカウンセラーは性同一性障害FTM当事者で、臨床心理士資格と心理学の博士号を持っています。性同一性障害/性別違和などのセクシャルマイノリティ関連知識の豊富さはもちろんですが、日頃はそれに限定されない、様々な心理社会的困難や悩みを抱えている方々に専門的心理支援を提供しています。

 

想定しているご相談例

  • 性別に関して悩んでいるけれど当事者団体などに行くにはまだ勇気が必要な方
  • 当事者同士の語り合いや意見交換だけでは解消されない悩みや精神症状にお困りの方
  • 他の精神疾患・精神障害に悩んでいるが当事者性を明かす抵抗感から相談を躊躇っている方
  • 当事者性を持つ家族や友人とのかかわりに関する迷いや戸惑いを相談できる場をお求めの方
  • その他の社会適応上に課題が生じるような性別に関するお悩みを持ちの方やそのご家族など

東京都日野市高幡不動で性別違和や性同一性障害に関する心理相談やカウンセリングに応じています 賛同団体と提携団体の違い

賛同団体

【特別料金:賛同団体からの紹介あり】

- 性別違和/性同一性障害にお悩みの方

- それを支えるご家族やご友人ご同僚など

初回面接(1回目)    30分〜最長80分 3,500円+税
継続面接(2回目以降) 30分〜最長60分 3,500円+税

 その活動の一部に、性別違和/性同一性障害を持つ当事者を含むようなセクシャルマイノリティ支援・当事者活動を含む非営利団体(非営利事業を持つ法人なども可)であることが要件です。性別違和/性同一性障害に特化した事業や活動があるか否かは問いません。事実上活動休止していても、ホームページ更新やメールやりとりなどの連絡応答機能が残っていれば、賛同団体になることができます。
 ただし、特定の医療機関やアテンド会社などと利益共有関係あるいは親密な利害関係がある団体、営利を目的とした事業が大部分を占めている団体、公共の福祉に反する活動を行っている団体、反社会的勢力と何らかの関係を持つ団体には、ご遠慮いただいています。
 当事業のWebページ(性別違和/性同一性障害及びセクシャルマイノリティ支援事業)との相互リンクをお願いしています。

 

提携団体

【特別料金:提携団体からの紹介あり】

- 性別違和/性同一性障害にお悩みの方

- それを支えるご家族やご友人ご同僚など

初回面接(1回目)    30分〜最長80分 2,500円+税
継続面接(2回目以降) 30分〜最長60分 2,500円+税

 その一部に性別違和/性同一性障害に特化した事業や活動を含む非営利団体(非営利事業を持つ法人なども可)で、過去3年以内に具体的な活動実績(公開・非公開は不問)を持っていることが要件です。
 当事業のWebページ(性別違和/性同一性障害及びセクシャルマイノリティ支援事業)との相互リンクをお願いしているほか、本事業の維持・発展を目指して助成金制度等に応募・申請を行う際、提出書類などの一部に提携団体として団体名を列挙させていただくことがあります。
 特定の医療機関やアテンド会社などと利益共有関係あるいは親密な利害関係がある団体、営利を目的とした事業が大部分を占めている団体、公共の福祉に反する活動を行っている団体、反社会的勢力と何らかの関係を持つ団体には、ご遠慮いただいています。

 

東京都日野市高幡不動で性別違和や性同一性障害に関する心理相談やカウンセリングに応じています 賛同団体/提携団体のお申し込みフォーム